読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめに

こんにちは。
ケンジの友人の「タカシ」といいます。

今このブログを読んでいる人は、ケンジにとって最も大切な友人であり、そしてケンジが愛してもいる友人の方々だと僕は思っています。おそらくそういう方々でないと、本人がこのブログの存在を明かしていないと思うので。


「ある程度の事情は知っている」という方、

もしくは、

「いったいどういうことなんだ!?」と思っている方、

このどちらかに該当しているとは思いますが、まずここで率直に書きます、


ケンジは『解離性同一性障害』を抱えています。


簡単な言葉にすると『多重人格』というものです。


『多重人格』というと、映画やドラマ、そしてマンガといった創作世界での話のように聞こえるかもしれませんが、実際には世界中で比較的多くの人たちがこの多重人格、つまり『解離性同一性障害』を抱えており、そしてケンジもその1人です。


このブログでは、

解離性同一性障害(多重人格)とは何なのか
・なぜそれが発生するのか
・ケンジはどうなのか
・なぜケンジがそうなったのか

そして、

・実際に生まれた人格たちのこと
・ケンジを含め彼らとどのように接したらいいのか

などを書き綴っていますが、僕は精神科医でもなければ、解離性同一性障害の専門家というわけではありません。ケンジがそういう状況であるということに初めて気付いてから今まで、僕自身が専門書やさまざまな情報、そして実際にそれぞれの人格たちと触れ続けながら勉強してきたことを内容としています。


" なぜこのブログを書くことにしたのか "


『多重人格』というものを

「本人が演技をしているんでしょ?」
「違う人格になりきっているだけでしょ?」

と浅く判断している人は少なくありません。"浅く"と書きましたが、ここでは「浅はか」という意味合いではなく「日常や普通の感覚で」とでも捉えてください。

僕はそれでも構わないと思っています。そしてケンジ自身、自分が多重人格者であることを完全に受け入れきれているわけではありません。

それゆえ、知人や友人には「隠さないといけない」という気持ちが本人の中ではまだ強くあるようですが、彼にとって近年、それもなかなか難しい流れになってもきました。

ケンジ曰く、
「知ってもらえるならそれに越したことはないんだろうが、それよりも誰も信用してくれないだろうな」。


信用する・しないということではなく、何より、ケンジが想う大切な友人のみなさんが彼のこういう事情に接することがあったときに、これまでと変わらず側にいてもらえたら、まずはその一心でこのブログを書くに至りました。

広告を非表示にする